GARAGE TRIP

ブログカテゴリー※ご覧になりたいカテゴリーをクリックするとその記事一覧が表示されます

  • 新着入庫
  • ニュース
  • 御成約車
  • 工場日記 (旧Gallery)
  • パーツ情報
  • 工場日記 (旧Gallery)

    ポルシェ928GTS

    2015年10月24日 17時10分




    928のバッテリー上がり・・・・・


    慣れましたが

    バッテリーの交換は一苦労です。



    軽い症状なら

    ジャンピングケーブルつないで

    エンジンかけて


    半日ほど走り回れば回復しますが


    空に近いぐらいバッテリーが干上がっちゃうと


    無理にジャンピングしないほうが良い。



    古い車なので

    電子機器によろしくないです。




    バッテリーの搭載位置は


    リアゲート開けて

    カーペットめくると

    左側に樹脂製のふたが存在します



    このふたを取り外すと

    空気の入っていないスペアタイヤが収まってます。



    バッテリーはこの下に納まっているのですが


    このスペアタイヤが曲者





    かなりタイトな感じで収まっているので

    取り出しも大変だし

    入れる時はもっと大変!!



    取り外したときに注意してみてみると


    左右部分がひしゃげているので

    入れる時は同じように

    左右部分にひしゃげた部分を持ってくると

    入れやすいです。



    以前、このスペアタイヤに空気を入れて

    膨らませて使った方がいましたが



    元通りに収まらなくなって


    大変苦労した事があります。



    元通りにするには

    真空ポンでも持ってきて

    空気を抜かないと

    タイヤスペースに収まりませんね。



    って事で


    928のバッテリーは


    弱ってきたら直ぐに交換・・・・・



    よろしいかと思います。








    そして、この

    修理預かりの928に珍しいトラブルです




    工場内を移動中



    左のボンネットの隙間から


    モクモク煙が・・・・・・




    オイルの焼けるにおいがしたので


    チェックです。










    左のエキゾーストにオイルがこぼれ落ちたみたいですが



    どうやら

    パワステオイルのようです。





    ポンプからラックに行ってる


    高圧ホースの漏れでした。






    パワステの高圧ホースは要注意です



    圧力がかかっているので

    粘度の低いオイルは

    高温時

    霧状になってもれる場合が有ります。



    運が悪いと火災の原因にもなりますので

    早急に処置が必要です。




    とりあえずマフラーにしずくが落ちないように

    テープでぐるぐる巻きにして


    移動させました。










    もう一つ


    あまり無かったトラブルです。


    パワーウィンドウのレギュレターが

    おかしくなり

    窓が閉まらないようです。







    分解してみると


    アームの先の樹脂製の駒が割れてました







    3番、4番


    の交換ですが


    日本に無い!!




    でもまぁ

    これから出てきてもおかしくないトラブルですね


    なんせ樹脂製ですから・・・・







    そして

    よくあるトラブルが





    これと













    これ!





    パワーウィンドウのスイッチは

    古くなくても接触不良によくなります。


    手で押さえて

    グリグリすれば直ることも有りますが


    重症なら交換しかありません。




    もう一つは


    電動ミラーのアジャストスイッチです。




    これもよくあるトラブルですね。



    どちらも接点が不良になるみたいなので


    用が無くても

    たまに動かした方が良いでしょう。








    928のある事

    ない事でした。







    Top