GARAGE TRIP

ブログカテゴリー※ご覧になりたいカテゴリーをクリックするとその記事一覧が表示されます

  • 新着入庫
  • ニュース
  • 御成約車
  • 工場日記 (旧Gallery)
  • パーツ情報
  • 工場日記 (旧Gallery)

    ポルシェ928 S4 トルクチューブ

    2017年08月22日 12時08分




    928はFR車ですが

    ミッションが後にある

    ちょっと変わったレイアウトになってます。



    重量物を前後に振り分けて

    重量配分を50:50に近づけるという

    アイディアですね。





    そしてもうひとつ特徴があります

    エンジン、ミッション、デフが一直線につながっているのです。



    普通

    FR車に見られる


    プロペラシャフトが見当たらないのですが





    その訳は






    シャフトは大きなチューブの中に入っているからです






    センターベアリングの音鳴りの為


    交換になります




    5000ccも排気量あるのに


    シャフトは細いです





    このごついチューブで

    エンジン、ミッション、デフが

    がっちり固定されています




    デフとミッションを一緒に下ろすので

    大掛かりな作業になります








    結構な重量になるので


    丈夫な台が必要です






    時折


    このシャフトをぶち切ってしまう方がいらっしゃいます


    ヒューズの役目としては

    わかりやすくていいのですが


    もう少し交換しやすく設計しておいて欲しかったですね








    A/Tなので


    フロント部には何も入って無いです



    M/T車は

    こちらにクラッチは入ってます。






    フライホイルに付くフランジを外せば









    シャフトは切り離せています











    シャフトを30センチほど

    後に移動させないと


    ケースが、かわせないです



    ケースごと外すって手も有りますけれどね






    コンバーター側のケースのベアリングも


    この際に点検、

    悪ければ交換しておいた方が良いですね


    割と痛んでますし・・・




    そして


    コンバーターシールも


    せっかくここまでばらしたら


    セットで交換しておいた方がいいですね



    古い車両ですから


    ついでの作業が多くなるのは仕方が無いですよね

















    Top